トップ > 雑穀・穀物 > 岡山県美作市産キラリモチ もち麦くん 300g

岡山県美作市産キラリモチ もち麦くん 300g

■名称:もち麦(もち性大麦)
■原材料名:二条裸麦キラリモチ(岡山県美作市産)
■内容量:300g
■栄養成分表示(100g当たり):エネルギー 356kcal、たんぱく質 7.8g、脂質 1.8g、炭水化物 77.1g、 糖質 65.0g、食物繊維 12.1g、食塩相当量 0g、β-グルカン 6.6g
■賞味期限:袋下部に記載
■保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
■備考:キラリモチは農研機構 西日本農研が育成した品種です。
■販売元:美作市農林産物販路開拓会議
■生産国:日本
 

商品コード : 855-0010
価格 : 626円(税抜き580円)
数量
 

2500円(税込)以上で送料弊社負担(無料)

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

 

岡山県美作市産 キラリモチ もち麦くん 300g

 

水溶性食物繊維β-グルカンがたっぷり!農研機構が開発した画期的なもち麦「キラリモチ」

 

食物繊維と聞いて、何を連想しますか? お通じ、腸内環境、ダイエット、美容、美肌・・・。
食物繊維には、美容と健康に良い多くの効果があることがわかっています。

世界各国で研究が続けられ、例えば、食後の血糖値、腸内環境、 また、生活習慣によって起こる様々な問題に対して、食物繊維の摂取が良い影響を与えることがわかってます。

1日に摂るべきとされる食物繊維の目標量は、女性は18g以上、男性は20g以上(18歳〜の場合)ただ、実際は十分な量を食べる事が出来ていない人も多いようです。
男性も女性も、1日5g程度足りないという調査結果があります。
実際は、もっと足りない人も多いかもしれません。

食物繊維は、びっくりするくらい毎日必要量を食べにくい栄養素なのです。

 




 

とくに水溶性食物繊維を意識的に多く食べる事が推奨されています。 ただ、食品が限られるため、なかなか難しい。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。
 

バランスが大切なのは言うまでもありませんが、水に溶ける水溶性食物繊維を意識的に多く摂ることが推奨されています。

水溶性食物繊維には、美容・健康に良い多くの働きがあります。
 

ただ、水溶性食物繊維を多く含む食品は限られます。

その数限られる水溶性食物繊維を多く含む食品のひとつが、「穀物」です。

 

 

大麦は、水溶性食物繊維β-グルカンがたっぷり! β-グルカンが豊富な大麦は、まさにスーパーフードと考えている研究者も多い。 世界各国で「健康強調表示」が認められている。

 

穀物には、β-グルカンという水溶性食物繊維が含まれます。
 

β-グルカンは、穀物の中でも特に「大麦」に多く含まれています。
精白米の50倍以上、小麦粉の20倍以上の含有量があります。
食物繊維の宝庫です。

大麦は、野菜以上に食物繊維が豊富に含まれているのです。

 




 




 




 

β-グルカンは様々な健康機能性が実証されている、まさにスーパーフード。

 

β-グルカンには、様々な健康機能性があることが実証されています。
大麦は、β-グルカンの働きによって、アメリカ、カナダ、欧州、オーストラリアなど、世界中でその健康効果が認められ、 各国で「健康強調表示」が認められています。

スーパーフードという言葉が流行っていますが、 β-グルカンが豊富な大麦こそ、まさにスーパーフードと考えている研究者の方も多いのです。

β-グルカンは一日3g以上、摂ることがよいとされています。

 

食物繊維が豊富で健康に良い「麦ごはん」をもっと生活の中に。

 

このβ-グルカンを多く含む大麦は、日本では太古の昔から広く栽培され、日本人にとってなじみ深い食べ物です。
ただ戦後、大麦は約100万トン程度、食べられていたそうですが、現在は約3万トン程度に減っているそうです。

大麦には、「うるち種」と「もち種」があります。
「うるち種」は、粘りが少なくプチプチの食感です。
「もち種」は、粘りが強く、もちもちの食感です。

ここ数年、その美容・健康効果がテレビなどで紹介されて、大麦、とくに「もち麦」が人気です。
一時は入手困難な時期もあったようです。

農林水産省所管の国立研究開発法人である農研機構 西日本農業研究センターは、 「食物繊維が豊富で健康にいい麦ごはんを、もっと日本中に広めたい」と、 大麦(裸麦)の開発に取り組んでいます。

 




 

農研機構が開発した画期的なもち麦「キラリモチ」 今、もっとも注目されている「もち麦」です。キラリモチには、画期的な3つの特徴があります。

 

農研機構が開発した二条裸麦の新品種に「キラリモチ」という「もち麦」があります。
この「キラリモチ」は、画期的な品質特性をもっているとして注目の「もち麦」なのです。
この「キラリモチ」は、そんな人気の「もち麦」の中でも、とくに注目されている「もち麦」になります。

「キラリモチ」には、3つの大きな特長があります。

 

 

【1】ひとつは、食物繊維が多いこと。

機能性成分のβ-グルカンの含有量が、従来の大麦の品種よりも 1.5倍程度多く含まれます。
もともと大麦は、β-グルカンの量が多いことで注目されています。
多いとされる大麦の従来品種より、約1.5倍も多く含まれるのです。
キラリモチは、大麦の中でも、もっともβ-グルカン含有量が多い大麦のひとつです。

 

 

【2】もうひとつは、食感と味のよさです。

キラリモチは、もち性の大麦です。食感は、粘りがあって軟らかく、食味に優れています。
炊くと粘りがあり、やわらかく、もちもちの食感が味わえます。
毎日食べる主食ですから、美味しいに越したことはありません。

 

 

【3】そして、白さです。

大麦は、炊飯して時間がたつと茶色く変色してしまいます。
「キラリモチ」は、ポリフェノールの一種プロアントシアニジンをほとんど含みません。
だから、炊飯など加熱調理後に、茶色に変色しにくいのです。

 




 




 

キラリモチ「もち麦くん」をご紹介します。 「もち麦くん」は、岡山県の自治体が住民の健康増進のために開発した、ユニークな「もち麦」なのです。

 

今回、こだわり商品研究所がご紹介するのが、「もち麦くん」という商品です。
じつは、この「もち麦くん」は、非常に興味深い商品なのです。
「もち麦くん」の販売者は、「美作市農林産物販路開拓会議」
美作市(岡山県)が、住民の健康増進のために自治体として取り組んでいる商品なのです。

 




 

自治体の大切な役割のひとつは、住民の健康増進です。

 

岡山県美作市の市長は考えました。
住民の健康増進のために機能性に優れた作物に取り組みたい。
美作市(みまさかし)は、岡山県の北東部に位置する人口約3万人の街。
北は鳥取県、東は兵庫県と接しており、地域全体に緑の豊かな山々と、清らかな川の流れ、その周辺に広がる田園などが調和して落ち着きのある地域です。
「もち麦くん」は、そんな美作市が自治体として商品化した「もち麦」なのです。

今から数年前、美作市の市長は、美作市で単に美味しいというだけでなく、機能性に優れた作物を栽培し、普及していってはどうかという考えを持ちました。
自治体の大切な役割のひとつは、住民の健康増進です。
美作市の医療費を見てみると、大腸がん、糖尿病などの医療費の割合が多いそうです。
これは、美作市だけの問題ではなく、おそらく日本においては、どこでも同じような状況なのではないかと思います。

 




 

美作大学、農研機構などにも相談をしながら選ばれたのが、 大麦の中でも特に食物繊維β-グルカンが多い「キラリモチ」。 住民の健康増進のために開発されたのが「もち麦くん」

 

美作市も高齢化が進んでおり、住民の方がいつまでも健康でいるための支援をすることは重要なテーマです。そのために役立つ作物に取り組みたい。

では、どんな作物に取り組めば?と検討した結果、候補に挙がったのが「大麦」でした。

そして、美作大学、農研機構などにも相談をしながら選ばれたのが、大麦の中でも特に食物繊維β-グルカンが多い「キラリモチ」でした。

美作市は、キラリモチの栽培を始めました。
そして、住民の健康増進のために、最終製品としてつくったのが「もち麦くん」なのです。

毎日、水溶性食物繊維を継続的に食べやすい食材として、大麦は非常に適しています。
日常の食生活の中に手軽に取り入れてもらうことで、住民の元気・健康の支援ができます。

「もち麦くん」は、企業がビジネスのためにつくった商品ではなく、自治体が住民の健康を考えて開発した商品なのです。

もち麦くん一家である「もち麦ファミリー」というキャラクターも考えられ、積極的に「もち麦くん」を広めています。

美作市は、美作大学、農研機構などの監修を受けながら、この活動にチカラを入れています。
素晴らしい活動だと思います。

 




 




 




 






 

「もち麦くん」を開発したもうひとつの目的は、 全国に健康を普及していくこと。

 

「もち麦くん」を開発したもうひとつの目的は、美作市の住民の方と同じように、全国の皆様にも、キラリモチの健康効果を普及していくということ。

こだわり商品研究所は、大麦の素晴らしい美容・健康効果を知り、「もち麦くん」をご紹介させていただくことになりました。 キラリモチを開発した農研機構の方に「もち麦くん」の存在を教えていただいたのがキッカケです。

白米と混ぜて炊飯するだけですから、日常の食生活の中にも取り入れやすい。
水溶性食物繊維 β-グルカンの健康効果をカンタンに取り入れることができます。

毎日の食生活の中に、ぜひキラリモチ「もち麦くん」を取り入れてください。

 




 




 

毎日「もち麦くん」を食べましょう! もち麦の割合30%が基本です。

 

食べ方は、カンタンです。
普段、お米を炊飯する際に、「もち麦くん」を一緒に入れて、少し水を多くして炊飯するだけです。

普段の白米の中に、すこしもっちり感がある大麦が加わります。
食べていて違和感はありません。
美味しいです。
よく噛んでお召し上がりください。

割合としては、もち麦1:米2の割合を推奨しています。
約30%というのが基本ですが、お好みに応じて、割合を選んでいただければと思います。

 




 




 




 

「もち麦くん」についての追記です

 

●十分な量の食物繊維を毎日食べ続けるのは難しい

食後の血糖値を上昇させるのは糖質。 だから、白米を食べる時、食物繊維を一緒に(前に)食べるのが良いと言われています。もち麦を白米と一緒に炊くのは、理にかなっています。野菜ファーストの食べ方と同じような効果が期待できます。

●低炭水化物ダイエットに取り組んでいる人にも

低炭水化物ダイエットが流行っています。穀物を食べる量が減った人もいるかもしれません。
しかし、炭水化物が少ない食事には問題点があります。
それは、食物繊維の摂取量が減ることです。
なぜなら、炭水化物=糖質+食物繊維 だからです。
食物繊維の摂取量が減ると、お通じが悪くなったり、腸内環境にとってもよくありません。
食物繊維が豊富な「もち麦くん」を「白米」に配合することで、足りなくなった食物繊維量を補うことができます。

●「もち麦くん」と「十六雑穀米」を入れるともっと良い

「もち麦くん」を白米を一緒に炊くと、食物繊維が豊富な主食になります。
さらに「十六雑穀米」を加えると、食物繊維豊富で栄養豊富な主食になります。
主食がどんどんグレードアップ!

 

岡山県美作市産 キラリモチ もち麦くん 商品詳細


 

■名称:もち麦(もち性大麦)
■原材料名:二条裸麦キラリモチ(岡山県美作市産)
■内容量:300g
■栄養成分表示(100g当たり):エネルギー 356kcal、たんぱく質 7.8g、脂質 1.8g、炭水化物 77.1g、 糖質 65.0g、食物繊維 12.1g、食塩相当量 0g、β-グルカン 6.6g
■賞味期限:袋下部に記載
■保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
■備考:キラリモチは農研機構 西日本農研が育成した品種です。
■販売元:美作市農林産物販路開拓会議
■生産国:日本